神戸占いをしている りょう です。

こないだ、久しぶりに知人とゆっくりお話をしました。


彼女は一年半前に別れた彼がいて、ずっとその彼を好き
でした。
付き合いだしてすぐに彼は関東へ行き、遠距離恋愛と
なってしまいましたが、それからすぐに元カノと
やり直すということで、彼女は別れを告げられてしまった
のです。
遠距離の彼と別れたということは、会うことさえも
ままならず、かといって連絡をとることもできませんでした。
彼女はそれでも復縁を願って、悲しさや寂しさと一人で
戦っていました。
当時は慰める言葉もなければ、無責任に頑張ってと言う
こともできず、私はただ彼女の話を聞くことだけしか
できなかったのです。


そんな彼女と久しぶりに会って、その後の話を聞きました。


なんと、別れてから9ヵ月後に彼と連絡をとって会うことが
できたそうです。
そこから数ヶ月に一回の連絡が、少しずつ増えていき今では
彼も関西に戻ってきて週に何回も会えるようになったという
のです。
次に彼が関東へ行くときには「一緒に来てくれないか?」と
言われているとのこと。


「復縁」というしっかりとした形ではない
と彼女は言っていましたが、私はとっても満足だと笑顔で
話をしてくれました。


彼を思って孤独と一人で格闘していたときの彼女は
「彼と私は絶対にこのままでは終わらない」
「メールをしても返信がないのだって彼からの愛情」
と周囲にこぼしていました。
半ば自分を納得させるためであったとしても、周りの人から
すると、精神的におかしいんじゃないか?と思ってしまう
くらいの思い込みであったと思います。


しかし彼女は「自分が自分の未来を信じなければ絶対に
叶う願いも叶わない」と断言しました。
そしてそれを実践して今では彼の隣で笑っているのです。


「ここまで必死になれる相手は生まれて初めてだったから
 私は諦めなかった」と言った彼女は、一年半前よりも
ずっと綺麗で強いオーラを身についけていました。


諦めなければ結果が出る ということばかりではないかも
しれません。
でも、諦めていたら結果は出なかった ということも
あるんですね。


彼女にとって誰もが「無理だろう」と思っていたことを
覆したことは大きな自信になり、その愛情が彼に伝わった
のだと思います。


これだけは譲れない 


人の想いの剛さを彼女には教えてもらいました。
そしてどれだけ傷ついて、どれだけ涙しても自分の気持ち
に素直になって逃げることなく真っ向から壁を乗り越える
力に感服しました。


私だったら何かと理由をつけて諦めていたんじゃないか?
その話を聞きながら、そんなことが頭をよぎりました。


誰にでも、乗り越えなければならない壁にブチ当たることが
あるのでしょう。
私の場合「今もしかしてカベにぶち当たってる?」と思うの
ですが・・・・


そろそろ逃げるのを止めて真っ向勝負しないといけないのかも
しれないですね。
だから、本当に久しぶりに彼女と会うことができて、彼女の
話を聞く機会が得られたのかもしれません。


カベを乗り越えるにはまだまだ時間はかかるのかもしれません。
でも、乗り越えた後には彼女のようなスガスガしい笑顔と
オーラを手に入れていると信じて。。。


りょうの占いHPはこちら→remain 〜こころのありか〜


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM