相性占いは、とても人気なカテゴリーです。

 

ところで皆さん、自分と相手との相性の善し悪しって、本当は占うまでもなく自分で判断できるって知ってますか?

 

 

「知ってますか?」

 

 

と偉そうに聞いていますが、答えは簡単です。

 

その人と一緒にいて自分がどう感じるか?

 

それが相性の答えなんです。

 

例えば・・・・

 

彼とは普段仲が良くても、いつも些細なことで喧嘩が絶えません。

(うん、それ仲が良いとは言わへんよ、だって喧嘩が絶えへんのでしょ?!)

 

彼女は自分が他の女友達と遊びに行くことが気に入らないみたいで、いつもそれで喧嘩になります。

自分は彼女が大好きだし、結婚も考えて付き合っています。

どうすればうまくいきますか?

(うん、本当に彼女のことが好きなら、彼女が嫌がることをするのは何で?)

 

 

婚活を含め「出会って間もない」タイミングでの相性占いは例外ですが、相性を訪ねてくる人の殆どは、自分と相手が合わないことを分かっているはずです。

 

だって上手くいっていないと感じるから占いをしてるわけやしね。

 

ただ、自分たちが合ってないことを認めたくないだけのこと。

 

本当の答えは必ず自分の心の中にあります。

心はちゃんと分かっているんですよね。

頭が理解していないだけで。

 

「こころのありか」

 

というサイト名を付けたのは、あなたの「こころ(真実)を探しましょう」という思いがあるからです。

 

自分の心が本当に感じていることを無視して何かをしても、それは上手くいきません。

 

相性の善し悪しなんて、実は占うまでもなく、自分の心が感じ取って知っているんだと思います。

 

要は、その答えを自分が真正面から受け止めていないだけなんですよね。

 

つまり、さっきの例えなら・・・・

 

喧嘩が絶えないなら、お互い我を張って譲り合えない相性。

 

好きで結婚も考えていると言ってるくせに、自分が異性友達と遊ぶことを辞めたくないだけ。

自分の何かを削ってでも、この相手を幸せにしたいとは思えないレベルってこと。

 

占うまでもなく、答えは出てるんです。

 

ちなみに、相性占いでは如実にこういった結果もきっちり表れますから、その答をハッキリお伝えしています。

もちろん、歩み寄るための方法も提案しますよ☆

 

ただ、ここで言いたかったのは、自分が感じている感覚が一番の答えなんだよ!

 

ってことです。

 

今日はフっ・・・と、西の魔女の言葉である「I Know」を思い出したので書いてみました。  

 

 

 

占い師を始めて14年になりました。

その間に、多くの人とご縁があって占いを通して知り合うことができました。

とってもありがたいことです。

 

先日、ふと思ったのですが、私はきっとお客様に恵まれています。

 

その人の出世が、まるで自分が認められたみたいに嬉しく感じられたり、

その人の恋の結果が、まるで自分のことのように悔しく思う。

 

そんな風に思えるお客様と関われていることは稀なんじゃないでしょうか?

 

勝手な思い込みかもしれませんが、その人の人生に関わらせてもらっている。

 

そんな風に思えるお客様達との出会いは貴重です。

 

他にも、占い師として自分から連絡を取るのも躊躇われるな〜と思う時でも

 

「無事に出産できました!」

 

とか、

 

「合格したんです!」

 

と連絡を貰えると、とっても嬉しいです。

 

私としても、そろそろ予定日やけど・・・大丈夫かなと思っているし、

今日が合格発表やった・・・受かってるかな?

 

とソワソワしているので、連絡があると本当に嬉しいんです。

 

家族、友人、恋人に報告するのは普通だと思いますが、占い師にまで報告をくれるなんて!!

と感激するのです。

 

その人の心のどこかに「あの占い師」という感じで思ってもらえているのなら、そんな光栄なことはありません。

 

そうそう「今日はあの人の結婚式!きっとドレス姿はキレイやろうな〜」と思っていたら

あとでウエディングドレスの写真を送ってきてもらえた時も嬉しかったです。

 

その人の人生にそっと寄り添える仕事、それが占い師の醍醐味かなって思います。

 

さて、長く良いお付き合いをさせていただいているお客様について考えていると、1つの共通点があります。

 

それは「占いを上手に使っている」ということ。

 

この上手に使っているという点には2つの意味があります。

 

1つ目は、占いの結果にのまれないこと。

 

占いは、期待する結果が出るとは限りません。

もし、期待しない結果が出た時、それでも未来を創っていくために意欲的に取り組めるかどうか?

ということは重要です。

 

私の占いは、現状からみる未来予測ですから、期待しない結果であったとしても一緒に改善していくために色々考えます。

 

結果が期待しないものだったから・・・と絶望して動けなくなる方は、占いはやめた方が良いでしょう。

ましてや、期待する答えを言ってくれる占い師を求めてジプシーするなら、占いの意味はありません。

 

結果にのまれずに、前を向いて動いていける人は占いを上手に使っている人だと思います。

 

2つ目は、実際に行動する人。

 

占いのアドバイスを聞くだけ聞いて、その気になって終わりの人は未来を創ることはできません。

 

鑑定の時は「やってみます」と言っていても、実際に行動に移す人は1割に満たないんじゃないでしょうか。

 

できそうなことから始めてみる。

実際に動くかどうかは本人次第なんです。

 

占っているだけで未来が創れるなら、誰も苦労はしないんです。

 

占った結果、アドバイスを実行するかどうか?

 

それが何より大事です。

ちなみに、私のアドバイスを実行しない人がダメと言っているわけではありません。

 

占い師のアドバイスを素直に実行できる人は、あらゆることに対して素直に対応できる人です。

友人からのアドバイスや、自分なりに良いと思えることに関して、全てにおいてポジティブに実行できる素養があります。

つまり、「素直に受け入れて行動できる」ということなんですね。

そういう人は間違いなく、いろんな面で自分を成長させることができるんです。

 

この1と2を満たしている人が、もっとも開運しやすい人で肯定的な未来を創っていける可能性が高いと思います。

 

占いしてるだけで開運するなんて甘いことはありません。

 

長くご縁を紡いでいただいている方は、これら1と2を当たり前のように実践されています。

 

そういう方たちと関われていることは占い師冥利につきます。

 

あなたの人生の伴走者に選んでいただけていることを今日も感謝しています。

西洋占星術講座について、同じ質問が2度ほどあったので、ブログでもお知らせしておこうと思います。

 

 

質問:西洋占星術を教えてほしいんですけど、次はいつから始めるんですか?

 

答え:いつでも始められますよ(#^.^#)

 

 

マンツーマンだと個人レッスン代を頂戴することになりますが、2人以上で受講していただけるのであれば、いつでも開講します。

 

出生図をもとに講座を進めていきますので、個人的な情報を扱うこともあります。

知らない人とシェアするのは嫌だな〜という方も、お友達同士であれば気にせずにすむのではないでしょうか?

 

2人以上で受講していただけるのであれば、講座開催日も相談して決めることができます。

 

ご希望があればいつでも開催しますのでご連絡くださいね。

 

その場合、お問い合わせから「占星術講座希望」とご連絡ください(^^♪

 

りょう

 

たるさんちの タケノコハクサイ

 

めっちゃ旨い(*´▽`*)

 

美味しすぎて、この白菜以外を食べることができなくなる!!

 

今日、農業公園近くのJAへ寄った時、変な形の白菜を見つけました。

 

手書きのポップに

 

「たるさんちの タケノコハクサイ」

 

って書いているんです。

 

「白いところもトロけて柔らかい」

 

らしい・・・・。

 

私、白菜の芯の部分が嫌いなんですよ。

なかなか煮えなくて、繊維質が残ってるのが嫌。

 

だから、鍋をしても葉っぱの部分ばっかり食べるんですね。

 

だから、「白いところもトロける」というフレーズに半信半疑。

 

どんだけ煮たらトロけるねん!ってツッコミました(笑)

 

でも、白菜にしてはトガった形の(本当に、タケノコみたいな感じ)白菜が気になったので購入し、今日は鍋をしたのです。

 

そしたらね、お箸でつまんだら、白い部分がトロってとけてこぼれるんですよ!!

 

マヂか!!!! ( ゚Д゚)

 

食べるとすごく甘くて、トロットロなんですよ!!!

 

激うま。

 

たるさん、最高☆

 

作って出荷している農家の方のお名前は「垂〇さん」で女性の方でした。

 

「だから、たるさんね!」

 

なんて思ってたのに、肝心のお名前を忘れてしまいました・・・。

 

が、なんせ

 

たるさんちの、タケノコハクサイ最高(*´▽`*)

 

これから、普通の白菜を食べる気がなくなったという少々困ったことになりますが、美味しいものを作ってくれた農家のたるさん、ありがとうございました。

 

タケノコハクサイの虜が出来上がりました☆

インフルエンザから復活して、元気にしております。

たくさんの励ましと、お見舞いのご連絡ありがとうございました☆

 

「みなさん、ブログ読んでくれてるんや〜」

 

と、嬉しくなりました(^^♪

 

それにしても、どこでインフルエンザをもらってきたのか?

 

引きこもって仕事をしていて、人と会わない私がなぜ???

 

思い当たるのは、高熱を出す2日前に映画館に行ったことくらい。

人気映画で人が多かったんですよね〜。

きっと、そこで感染したんでしょうね。

 

みなさん、人が集まる場所はウィルスも集まってますよ〜!!

要注意で〜す。

 

 

 

さて、今日は出生図の話。

 

先日、お客様とお話をしていたなかで

 

先生はどうして私の月について、何も言わないんですか?

 

というようなことを言われました。

 

その方も、占星術をご自身でお勉強されているので、ご自身の出生図の中で月が弱いことをご存知なんです。

 

伝統的な占星術では、惑星の品位というものがあります。

 

ものすごく簡単に説明すると、それぞれの惑星には、元気になれるサインと、その惑星が弱まってしまうサインがあるのです。

 

例えば、月は蟹座や牡牛座にいる時は元気ですが、山羊座や蠍座にいる時は弱ってしまいます。

 

つまり、その方の月は蠍座なんですね。

だから、自分の出生図のウィークポイントを知っているわけです。

 

そこで、先ほどの質問

 

「どうして、りょう先生は私の月をどうにかした方がいいとは言わないんですか?」

 

 

う〜ん・・・。

なぜか?

 

ぶっちゃけて言うと、その人が困ってもいないことに言及するのは、大きなお世話だろうと思ったからです。

 

確かに月のコンディションは良くないと思うけど、その人がそれに振り回されて困っているようには見えないんですよ。

 

案の定、その方は仰いました。

 

私、自分の月の弱い部分も自分で好きなんです。

 

キターーーーー!!

はい!コレ、私、大好きな感じ。

 

そうなんです!

この方は、自分のそういう部分さえも、ちゃんと愛してらっしゃるのです。

 

「だって、私の月は蠍座だから仕方がないでしょ」って開き直るのでもなく、嫌がるわけでもなく、ただ自分の個性を愛している。

 

この方のその発想、わたしは大好きですごく尊敬しています。

 

だからこそ、「あなたの月、弱いから何とかした方がいいよ」なんてこと、言う必要がないんですよね。

 

もちろん、占い師として必要がある場合には出生図のウィークポイントと上手く付き合う方法をお伝えします。

実際、私も「ココ弱いんよな〜」という部分を補うべく、お守りを作ったりしています。

 

でも、全ての人に必要なんじゃなくて、要はその人にとって必要かどうか?

ってことなんですよね。

 

出生図の善し悪しが全てじゃなくって、まるっぽ自分を愛せる人って最強なんだと思います。

 

もう、そうなりゃ占いなんて超えちゃうからね。

 

素敵な一言を聞かせてもらい、気分爽快になりました☆

 

 


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM