今日は「3年目のジンクス」について思うことを書きますね☆ この言葉、よく恋人同士の関係について聞くのかもしれません。残念ながら私には、「3年目」を経験する機会がなかったので恋愛に限定することはできません・・・・でも、仕事をしながら思うのですが、ちょうど3年目くらいになるとこれがなかなか厳しくなってきます。そんな経験をされた方はいませんか? * 周りが自分の役割に対して求めてくるものが細かくなってくる * 自分が仕事に対して追求していくものが深くなる * 任される仕事量が圧倒的に増えてくる その他モロモロ なんだか、周りの人を見ていても思うのですが「3年目」というのは確かに何かの節目なんじゃないかと思えることが多いです。仕事に関しては当然「知らなかった」ということが通用しにくくなりそれは「勉強不足」という評価につながってしまいます。また、「3年いたんだから、もうそろそろ退職しようか」と考える人も結構多いのではないでしょうか? いろいろな分野で「3年目」というのは何かありそうですね。「石の上にも3年」という言葉を辞書で調べてみると根気よく苦しいことに耐えて、努力をすれば、必ず道は開けるものだということ。または、努力は報われる、ということのたとえ。 ということは、良し悪しを判断するのは3年たってからが妥当ということなのかな?そして、種まきの時期を経て自分のやってきた成果が目に見えてくるのも3年。恋人同士の関係性の真価が問われるのも3年目??何がどうして3年なのかは分かりませんが、確かに「改めて考え直す」時には振り返る月日としては充分で、これから先を想像するにも短すぎず長すぎない期間ですよね。 こんなふうに考えるなら「3年」というのは「今までの自分」→「これからの自分」を見据える一つの節目なのでしょう。また、人(恋人や仕事仲間)からの評価にしても3年目から真価が問われるそいうことかもしれませんね☆ さぁ!これから「3年目」を迎える人!気合を入れていきましょうね

なんだか今日のタイトルは自分で言うのも何ですが占い師らしいタイトルですね。さて、「運命」なんて言葉を使ってしまうと大袈裟かもしれませんが、「前もこんなことがあった!」「私っていつもこうやねん…」と感じたことはありませんか?前者は、記憶の中から偶然にも前に経験したことを思い出した時の驚き。後者は、自分の中でパターン化されてる現象でうんざりしている場合。例えば恋愛で「こんなタイプとは二度と付き合わない!」と思って別れた後に次の恋人もなぜか似たようなタイプだったり… このように「なぜか繰り返されること」について思うのですが、これってただの偶然ですか?後者の場合はパターン化されているから、偶然というよりも癖かもしれませんね。ただ、どちらにしても「自分が引き寄せているもの」と私は感じるのです。そんなに長く生きているわけじゃないので、偉そうなことは言えませんが「前にもこんなことがあった!」と思うとき、それが自分にとって成長が試されている場合が多かったのです。また、自分の中でパターン化していることが再びやってくると「今度は前よりうまく切り抜けられるかな」と感じます。私は心のどこかで「繰り返されること」について安心しているのかもしれません。だって、いつものパターンの中で生きる方が慣れているから。ところが! この「繰り返し」…実は上手にクリアできるようになったら繰り返してくれないんです。 そこから学べることがなくなったら、用無しになったの?と思うくらい、待っても待っても繰り返さない!そんな時は、繰り返す運命の輪から抜けてしまったな〜と残念に思うのですが、次にあるのは「新しい繰り返し」なんです。このカラクリに気づいたらこっちのもの☆ 最初の一巡目は辛かったり傷ついたりするのですが…次に来たとき!ここからが勝負ですね。前みたいに「辛い」だけでは済まさない!と頑張れる自分がいます。「繰り返す運命」なんて言ったら、やっぱり大袈裟な気もしますが「自分が自分を試す為に引き寄せているもの」って考えたら、ちょっとは気が楽になりますよね。だって、その繰り返しが嫌ならばループする輪を断ち切ることも自分でできるのですから☆ 日々の生活の中で「繰り返し」を発見したら、自分が何を学ばないといけないかって考えてみたら面白いですよ!

こんばんは! 今日の満月みましたか? 神戸の空ではとっても優しい光を放ってくれてます。 海と山に挟まれた街、それが神戸なんですけど 海面にうつる月光は本当に神秘的で大好きです☆ 今日は波も穏やかで、帰宅するときに海に映る月を眺めて車を 走らせていました。 さて、今日は私の占い活動のご案内をしたいと思います。 来る12月11日(日)神戸市六甲アイランドで開催される スピリチュアル・コンベンション(通称スピコン)に 参加することになりました もちろん、占い師として参加しますので是非 生の「占い師:りょう」に会いに来てください! また、当日は対面鑑料がスピコン価格になっていますよ♪ 「行ってみよう!」と思ってくださる方はメールにて ご連絡くださいね。 入場割引券をご送付します。 さぁ、今夜の綺麗な満月をまだ見てない人は今からでも 一度みてくださいね♪ 月を見てたら不思議と心が穏やかになりますよ。 では今日はこれにて失礼!

「空気のような存在」

この言葉って誰かに言ったことや言われたことってありますか?

この一言で昔、友達とじっくり話し合ったことがあります。

なんでこんな話になったかも忘れてしまいましたが女として

言われたら嬉しいか嬉しくないか・・・・

みなさんは恋人や夫・妻に言われたらどうでしょう?

私だったら言われると地味にショックです。

だって、「居て当たり前」「存在感がない」「あまり関心がない」

こんなコトを連想してしまうから。

当時の友達は「ないと生きていけないから言われると嬉しい」と

話していました。なんて大人な意見なんだろう!と感心したものでしたが

数年後の今ならばなんとな〜く分かる気がするのです。

というか、言われる相手によって意味が大きく変わる!という事実に

気がついた。

「空気のように」「一緒に居て違和感がない」そして「ないと生きていけない」

それくらい大切な者。 

   ↑

これを認識して言ってくれるのと認識せずに言っているのでは全然意味が

違ってきませんか? 後者の場合しか想像できなかったから当時の私は

地味にショックを受けていたんでしょうね。

そこに気がついたら、どぅしても誰かに言ってみてほしくなる・・・・

もちろん前者で!

言われたらきっと幸せなんだろうな〜 そんなコトを考えながら休日の

のどかな時間を過ごしてました。

休みの日に大好きなコーヒーを飲む!

そのひと時が、一番リラックスできるのです。

これからは、そんなときに思いついたコトをここに掲載していきますね

 はじめまして☆  占い師りょう です。  普段何気ない生活の中で“ふっ”と考える不思議について  気楽に書いていけたらな〜と思っています。  さて、記念すべき第一回は「出会い」について。  今回、占い師としてのHPを立ち上げたり活動を本格化するために  いろいろな人たちからの手助けを頂きました!  「この時期」「このタイミング」という出会いに恵まれたことで  remain というHPが完成した! こぅ言っても過言ではありません。  「出会いはいつ訪れますか?」占い師をやっていたらお客様には  よく聞かれます。  もちろん、カードを出して見解をお伝えするのですが、一番肝心なのは  その出会いが「自分にとって転機となる出会いか否か?」  これをご自身がどれだけ敏感に察知できるかがポイントになってきます。  生活の中でいろんな「出会い」があります。意識していないと  ただの「通過」としての「出会い」か「転機」となる「出会い」かの  区別がつきません。  人との出会いで人生ゴロっと変わることもあるのですから「出会い」に  ついては侮れないですね(^_^.)  さて、こんなことを言っている私は「転機となる出会い」を  どぅ感じるかというと、大概は予想外の出会いが「転機」となります。  そして、その「出会い」の後には必ずといって良いほど、  今まで停滞していた物事がいきなり動き出します。  それこそ、恋愛にしても仕事にしても「この人との出会いを待たされていた  んじゃないか?」って思えるくらい 出会う前と後 では状況が変わるのです。  そして「出会い」について、私の中でパターン化されていること!  なぜか「待ってる時には来ない」  そして「忘れた頃にやって来る!」  なかなか厄介なものですが・・・"^_^" それでも素敵な出会いで  停滞していた物事がゴロゴロゴロゴロと動き出すあの瞬間は、一度気付くと  ヤミツキになってしましますよ♪  ほんの少しだけ、「出会い」について意識してみたら皆さんの中にも  同じような経験をされてる方もいるかもしれませんね!  少し長くなりましたが「出会い」について、りょうが思うことでした♪          


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM