今年に入って、

 

私の仕事のやり方が、いかに「環境に左右されない」か

 

を、思い知りました。

 

もともと、マイペースに仕事がしたいと思って今のスタイルを選びました。

 

人と会うことが苦手なので、できるだけメールやZOOM、電話などで鑑定をしたい。

人と仕事をすることが苦手なので、自分一人で完結する仕事をやりたい。

「他の誰か」ではなく、「私」にしかできない仕事をしたい。

 

いろんな願望がありました。

 

どれも、叶っていると思います。

 

占い師さんは山ほどいますが、リピーターのお客様は「あの占い師にみてもらおう」と思って、ご依頼くださいます。

つまり、どこかで「他と区別」してくれているんだと思うのです。

ほんの少しでも選んでもらえているなら、それは私にとって嬉しいこと☆

 

この仕事のやり方になってから、日々のストレスはほとんどありません。

 

そして、コロナ禍や猛暑となって分かったことは、今の私の仕事のスタイルは、人にも環境にも左右されないということでした。

 

それを望んでいたけど、実際に極端な環境になったことで、あらためてその強みを実感できたわけです。

 

でも、言い方を変えると、私自身の性格がいかに「非社交的か」を表しています。

 

気づくと、世界が狭くなっていたり、日々進歩していく占いの技術から取り残されたりする恐れがあるんですよね。

その辺りは要注意。

 

だけど、自分がどうやって仕事をしていくのか?

 

ということは、私にとって大きな課題となっている時期がありました。

その中で、いろいろ考え、葛藤し、ようやく作り出したスタイルが今の形です。

 

それが、この状況になって自分にとって「間違ってなかった」と思えたことは、大きな収穫でした。

 

このスタイルをベースに、これからもう少し活動の幅を広げていきたいなと考えています。

 

どうやって、仕事をやっていくのか?

 

これは、けっこう大事なテーマなのかもしれませんね。


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM