カード占いをしている人ならご存知のスプレッド。

 

二者択一

 

個人的には、実際の占いの現場において、このスプレッドを使う頻度が減っている今日この頃。

 

講座のなかでは、代表的なスプレッドの一つなので「二者択一」について説明したり、実占練習で使ったりもしています。

 

でも、実際の占いの現場では慣れてきたら自分が使いやすいスプレッドを使っていくことが多いし、この二者択一に関しては「使えねーな―」と感じることが増えました。

 

理由は単純。

 

何も、AかBかだけで考える必要がないから。

 

ご相談者様は、AとBとどっちがいいの?!

 

というように、真剣に悩んでいらっしゃることは多々あります。

 

でも、占い師はそこで究極の選択にお付き合いしていてはいけないんですよね。

 

より多くの選択肢、より多くの可能性を示し、お客様の視野を広くしたり、煮詰まった状況を解していくことが大事だと思うからです。

 

占い師を始めた当初、私も二者択一をよく使っていました。

 

でも、途中から「AかBか?」だけではなくて、「その他の可能性」も考えた方がいいんじゃない?!と思うようになったんですよね。

 

それは、リピーターのお客様との会話の中から生まれた発想でした。

 

お客様が

 

「私の可能性って、この2つしかないんですよね(;_:)」

 

って、悲しそうに言ったことがあったんです。

 

「え? そんなワケないやん。 好んでこの2つに絞ってるんじゃないの? もしかして、他の可能性があるなら、それも考えたいって思ってる?! それやったら、別の選択肢だって考えたらええやん!」

 

私はお客様が二択で迷っている時は、自分で的を絞りこんで決めかねているからだと勝手に思っていたんですよね。

もちろん、そういうケースもあります。

 

でも、ほとんどの場合は、悩みに悩んだ結果「その二択しか考えられなくなっている」というケースでした。

 

なぜ、そこで別の選択肢がないのか?

 

別の選択肢があれば、もっと違った可能性から考えられるのに!

 

そう思うようになって以来、二択で迷っているお客様の相談に関して、

 

意図的に選択肢を絞っているのか?

それとも、視野が狭くなって「どちらかしか選べない」と考えているのか?

 

をハッキリさせてから鑑定するようにしています。

 

その結果、二者択一というスプレッドではなく

 

Aの場合、Bの場合、その他の場合

 

というように、3つの選択肢を用意する方法に変わりました。

 

また、意図的に二択にしている場合に関しては、もっと細かくリーディングできるように、別のスプレッドを使うようになりました。

 

今では、二者択一のスプレッドを使う時は、時間が限られた中で鑑定する時や、明確に甲乙つける場合のみに限定しています。

 

占いをする場合、的を絞ることと、どういうスプレッドを使うかがとても重要だと思っています。

 

そのためには、ご相談者様の話を聞いて、どういう意図でその質問をしているかを分析していくことが不可欠です。

 

今日もちょっと占術的なお話になりました。

 

自分の視野が狭くなって2つしか選択肢がないと思いこんでいる人、けっこう多いです。

 

実は、それ以外の可能性だってたくさんあるはずです。

占いは、自分でも気づかないような可能性を示してくれることがあります。

上手に使ってくださいね。

 

 


Profile

Search

Recommend

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM